【感動】2020年秋アニメ紹介「神様になった日」

新アニメ紹介

1話時点ではダントツの面白さ

f:id:mask1221:20201014005303j:plain

あらすじ

高校3年生の主人公成神 陽太(なるかみ ようた)は、友人と受験勉強の息抜きに野外コートでバスケットボールをしていると、そこに修道女のような格好をした自分は神だという少女と出会う。少女(自称神)はバスケットボールをやってみたいとせがみ、シュートを打とうとした矢先に「これって何が面白いの?」と自らやりたいとせがんだバスケットにケチをつける。受験勉強の息抜きになると陽太が説明するも、少女(自称神)に「世界があと30日で終わるのに、勉強しても意味がない」と告げられる。

変な子に絡まれてしまった…と嘆く陽太だが、彼女が陽太と図書館へ向かう途中、快晴の中「雨が降る」とコンビニで傘を購入して実際に雨が降り、「バスに乗るより歩いたほうが速い」といえばバスが渋滞に巻き込まれ、さらには競馬の着順をすべて当ててしまったことにより陽太は少しずつではあるが彼女が本物ではないかと思い始めるのであった…

1話感想

Key・アニプレックス・P.A.WORKS合同の作品ということで、かなりハードルが高い状態での視聴でしたので正直視聴前は大丈夫かな…とドキドキしていました。

視聴し始めるとその不安は一瞬で吹き飛び、綺麗な風景描写と音楽、テンポよく進むストーリー、思わずニヤリとしてしまうようなギャグ、キャラクターたちの人物描写と声優さんの上手さ、すべてのバランスがパーフェクトと言えるほど調和していて思わず鳥肌が立ちました。

f:id:mask1221:20201014005412j:plain

正直1話でこれだけ引き込まれた作品は本当に久しぶりで、自分でも

「1話でこれだぞ…これからさらに面白くなったらどうなっちゃうんだ…」

とガクブルするほど完璧な導入部分の第1話でした。本気で期待できる作品だと思います。これを見ずには秋アニメは語れないといっても大袈裟ではないと思います。視聴は必須です!!次回も期待してます。

コメント