【青春 音楽】神作品紹介「四月は君の嘘」

オススメアニメ 神作品

少年少女達の心理描写を表現豊かに描いた神作品

f:id:mask1221:20200906180539j:plain

内容

主人公有馬 公生(ありま こうせい)は、11歳まで天才ピアニストとして音楽の世界で脚光を浴びてきた。しかし、母の死がきかっけでピアノの音が聞こえなくなりやめてしまう。中学2年生の春、公生は幼馴染で友人の澤部 椿(さわべ つばき)に、同じく幼馴染の渡 亮太(わたり りょうた)を紹介して欲しいという女の子と引き合わせるための数合わせとして呼ばれ、そこで宮園 かをり(みやぞの かをり)と出会う。

かをりは、ヴァイオリン奏者で彼女の圧倒的な演奏に公生は心を打たれる。そして彼女にヴァイオリンの伴奏者としてピアノを弾いて欲しいと頼まれる。ピアノの音が聞こえない公生は伴奏者を断るのだが、彼女の直向きに音楽に打ち込む姿勢と天真爛漫で明るい性格に惹かれ、再びピアノに向き合うことを決めるのだが……

魅力

キャラクターの心理描写が素晴らしく、思春期ならではの淡い恋愛の感情、ピアノや部活に一生懸命打ち込む少年少女の苦悩、挫折、理想と現実のギャップなど心に訴えかけてきます。

何かを一生懸命にやるからこそ、直向きに練習してきた過程を一蹴されてしまう可能性のある「一瞬の本番」ですべてが評価され決まってしまうのが怖く、逃げ出したい、やめたいと想う気持ちとみんなが向き合って頑張る姿が過去の自分自信を投影してしてしまいます。

f:id:mask1221:20200906184828j:plain

心理描写を描くアニメにはもはや必須とも言える美しすぎる風景描写も素晴らしく、花びら1枚1枚、ピアノの鍵盤や弦1本1本にも魂が宿る作画です。

f:id:mask1221:20200906182406j:plain

まとめ

何かを一生懸命に頑張っている方へ、過去に何かを一生懸命頑張っていたが挫折してしまい何かと理由をつけて頑張れない方々へ少年少女達がもがいて、あがく姿がとても心に刺さる間違いない神作品です。是非ご視聴ください。

コメント