【鬱 オタク】神作品紹介「N・H・Kにようこそ」

オススメアニメ 神作品

ひきこもりリアリティーショーここに開幕…!

f:id:mask1221:20200514165903j:image

あらすじ

主人公佐藤達広(さとう たつひろ)は大学1年生の時にひきこもりになってしまう。

引きこもり生活を脱却しようとマンガ喫茶でアルバイトをしようと、履歴書をもって向かうが、以前家に宗教の勧誘に付き添いで来ていた女の子がバイト先に居たことで諦めて逃げだしてしまう。すべてはN(日本)H(引きこもり)K(教会)の陰謀だ!!と叫ぶ佐藤。

しかしその後その女の子から手紙が家に届き、引きこもり脱却のためのプログラムを実施していくこととなる…

 キャラクター

ひきこもり生活を3年続けている佐藤。親のすねをかじり仕送りでニート生活を送っている。

f:id:mask1221:20200514165918j:image

ひきこもりを助けると申し出る中原岬(なかはら みさき)彼女はなぜ佐藤をひきこもりから救う手助けをするのか……?可愛い……!うん…最高に可愛い…!

f:id:mask1221:20200514165928j:image

主人公の後輩でアニメ専門学校に通う山崎薫(やまざき かおる)オタク趣味で美少女ゲームが大好き。声優が 阪口大助さんなのでもはや新八にしか見えない…

f:id:mask1221:20200514165957j:image

主人公の高校時代の先輩で公務員をしている柏瞳(かしわ ひとみ)高校時代に佐藤とは良い感じの関係だった……?佐藤に陰謀説を植え込んだ張本人。

f:id:mask1221:20200514170003j:image

この4人をメインに物語は進んでいく。

魅力

何と言っても一番の魅力はリアリティがありすぎること!作者自身がひきこもりの経験があり、実体験に基づいた描写も多く誰もが1度は感じたことがある内容がある為感情移入しやすい。例えば……(※ネタバレ注意)

・ゲームを作り自分のゲームは絶対面白い絶対売れると思うが現実は甘くなく全然売れない

・高校の同級生に呼び出され怪しい商品の勧誘をされ、断り切れず購入してしまう

・ネトゲでRMTをして一攫千金を目指すが現実では簡単に売れるはずもなく撃沈

・自殺サイトで知り合った人々と死のうと決意するが、直前になりおじけづく

・いずれ何か良いことが起こってすべてが好転すると自分都合に解釈してしまったり

などあげると枚挙にいとまがないが、誰もが感じたり、考えたりしてしまうことをとてもリアルに描写しており、見ているこちらのライフをえぐり取ってくる。←バーサーカーソウル並みに

只々何もなく生きている自分の存在について考えさせられ、苦悩と葛藤の毎日を送る姿がもはや他人事に思えない。自分自身を見直すある意味教材のようなアニメです。

まとめ

ひきこもりのリアルを描いた作品でかなり身に覚えがある人(私も)はかなり精神的に来るものがありますので視聴には注意が必要です。急に見ると動悸と息切れが起こります←言い過ぎ

ただ作品としてはとても面白いので1日1話ずつ療法・容量を守って処方下さい……


コメント